特別講演会「なぜ私は毎年富士山に登り、 頂上で講談を語るのか」

 写真:毎日新聞社提供

~昨年 10 回目の登頂を達成~

日本の伝統話芸「講談」をパパンパンパンと張り扇(はりおうぎ)を使って語る神田紫さんは 2008 年から富士山に登っています。紫さんが富士山に登るようになったのは?富士山頂で見ることのできる景色とは?頂上で講談を語るのはなぜ?などを語っていただきます。講談を一緒に体験できるかも?

講談師 神田紫さん

講談師。日本講談協会元会長。富士山クラブ副理事長。文学座付属演劇研究所卒業。昭和54年二代目神田山陽に入門。平成元年真打昇進。

開催日 2018年9月9日(日)
時間 11:00~12:30
会場 2階講堂
定員 先着290名
備考 10:30より受付